新宿で望まれている占い師の資質

占いはいつの時代も消えることはありません。昔の武将は自分の生年月日を決して明かさなかったと言います。何故なら、運気が悪いときに敵に攻め込まれたらおしまいだと思っていたからです。またアフリカの地域によっては、呪術師が村長と同じくらいの地位にいることもあります。日本でもスピリチュアルという言葉がはやり、目に見えない自分の運命を占ってほしいと、遊び感覚で興味を持っていたり、依存症になるくらいはまっていたりする人もいますが、本来のその重要性とはなんなのでしょうか。昔から絶えることがないその影響力とはなんなのでしょうか。また都会生活における存在はどういうものなのでしょうか。?さらに都会の中でも新宿という地域で必要とされている占い師の資質とは、どういったものなのでしょうか。ひもといていきましょう。

都会の中でも人種のるつぼである

新宿にはたくさんの路線が乗り入れています。埼玉県、千葉県、神奈川県などからは簡単に出て行けますし、また長野県などともつながっています。そしてオフィスも多く、繁華街もあります。学生も多いです。つまりいろいろな職業、年齢の人々が集う街なのです。複雑な人間関係の中で、やはり占い師の必要性も増してきます。以前は新宿の母が有名でした。伊勢丹の前には主に女性たちの長い行列ができていました。占ってもらった体験者によると、当たり前のことしか言われなかった、当たらなかったと言いますが、口コミで行列は絶えませんでした。それくらい、望む人が多かったということ、人種のるつぼで過ごしながら、悩みを抱えている人たちが多かったということなのでしょう。例え、当たらなくてもテレビにも出られるくらい、大人気だったのですから。

意外なことを言うより、当たり前のことでいい

占ってほしい人は、いったい何を求めているのでしょうか。人々は意外なアドバイスなど求めていないし、説教も求めていないのです。ただ話したいだけ、聞いてほしいだけです。中には説教されたい人もいるでしょうが、少人数でしょう。大体は、自分を肯定されたいのです。その上で、ちょっとしたアドバイスが欲しいのです。都会でいろいろな人の思惑の中で暮らしていると、気持ちを吐き出す場所が必要になります。周りの人に話して、ややこしいことになるよりも、お金払ってその場だけの付き合いで、ついでに占ってもらってという存在を求めているのです。
でも悩んでいるときに行くことが多く、代金も発生するので、あまりにも的外れなことを言われるのではなく、それなりにきちんとしたアドバイスを求めてもいます。人の話を聞き、その人が望む言葉をかけられる資質が占う側には必要でしょう。